屋外耐候性の証明と資料

屋外耐候性向上のために使用している素材の説明です〜超耐候性プリントステッカー〜

超耐候性ステッカーは、シルクスクリーン印刷法にて製作します。この印刷法は水と空気以外は何にでも印刷ができると言われるもので、3,000年の歴史がある古いものですが、科学が進んだ現在でも、この印刷法を越える技術は発明されていません。近年、インクジェットマシンの進歩が急速に進んでいますが、量産性と多様性、そして耐候性に於いてシルク印刷を越えていません。

上の画像をご覧ください。左がシルク印刷、右がインクジェットです。ホワイトベースへの印刷では差が判りませんが、アルミベースに印刷するとこのように歴然とした差が出ます。シルク印刷では10~20ミクロンという厚さのインク膜になりますが、インクジェットはその5分の1から10分の1の厚さしかありません。どちらのインクも高耐候性性能を持っているのですが、厚さがある方が劣化時間がかかるために長期間の耐候性を有します。

使用する基材はすべて国産品です

当店で使用しているインクやメディアなどの基材は、すべて国産メーカー品で、さらにメーカーから直接仕入れています。品質が間違いない国産品でありながら、問屋を通していないために、格安で仕入れているために、高品質低価格を実現しています。低価格品であっても、信頼性のない海外資材を使った製品とは一線を画しています。インクに関しては、自動車やバイクなどの外装カラーリングに使用しているインクと同じものを使用しています。ステッカー用途としてはオーバースペックといえるでしょう。屋外耐候性7~10年というのは、はったりではありません。さらに、高耐候性インクを保護するために、超耐候PETフィルムを使用しています。下記に各メーカーの技術資料を掲載しますのでご覧ください。画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 


ベースメディア・塩ビホワイト100ミクロン
強粘着タイプ・粘着力耐性試験結果


表面保護フィルム
超耐候PET25ミクロン
紫外線カット率98.7%
ウエザーメーター試験2000時間クリア


印刷用インクSG700
車両マーキング用途
ウエザーメーター試験1000時間クリア

屋外耐候性向上のために使用している素材の説明です〜高耐候性フルカラーステッカー〜

高耐候性フルカラーステッカーは、ソルベントインクという、溶剤系インクジェットマシンを使用して製作します。日本における主な溶剤系インクジェットマシンメーカーは5~6社ありますが、インクの性能自体に大差はありません。そのため耐候性については大きな差はありませんが、仕上がりについては、オペレーターの操作により異なります。特に大量生産重視の場合は、高速出力に徹するため、見栄えは落ちます。仕上がり重視で出力すると、時間が異常にかかるために、コスパが著しく低下します。このさじ加減が、各会社間の製品差となります。当店では、主に夜間の無人運転をすることにより、時間よりも仕上がり重視で作業しています。使用している基材は、上記のシルクスクリーンプリント製品と同じですが、保護フィルムはさらに高耐候性の製品を使用しています。前述のように、シルクに比べてインクジェットのインク膜厚が薄いためです。

ベースメディア・塩ビホワイト100ミクロン
強粘着タイプ・粘着力耐性試験結果

表面保護フィルム
超耐候PET50ミクロン
紫外線カット率97.6%
ウエザーメーター試験2000時間クリア

印刷用インク・ソルベントSS21
屋外耐候性5年
ウエザーメーター試験500時間クリア