印刷カラー(インク)の決め方

超耐候性ステッカー・プリントウエアシルク印刷のカラーの決め方

超耐候性プリントステッカーとプリントウエアのシルク印刷は、シルクスクリーン印刷法にて製作します。この製作法は「特色印刷」といい、一色ごとに版を作りインクを落としていきます。そのため、ステッカーの場合、小ロット製作には不向きですが、インクの膜が厚いため、長期間の屋外紫外線暴露に強い特徴を持ちます。

デメリットとしては、写真などの画像やグラデーションといった超微細印刷には向かず、反対にベタ刷りには有効な印刷法です。また、4色分解(プロセス印刷)はできません(技術的には可能ですが、小ロットではコスト的に不向きです)。

印刷カラーの決め方としては、一色ごとに色を指定する必要があります。左記の例では、2色印刷で、オレンジとブラックを指定します。コスト的な問題で、4色印刷までが有効で、それ以上の色数になると、フルカラープリントステッカーを強くお薦めします。

カラーの指定の際は、細かな要望がない場合は、一般的な赤、青、緑、黄色などのような指定でけっこうですが、シビアなカラーを希望の場合は、DICカラーガイドのナンバーで指定して下さい。可能な限りDICカラーに近い調色で印刷を行います。DICカラーガイドをお持ちでない場合は、下記のDICデジタルカラーガイドを参照の上、ナンバー指定を行って下さい。

高耐候性フルカラーステッカー・プリントウエアカラー転写のカラーの決め方

高耐候性フルカラーステッカーとプリントウエアのカラー転写は、PCデータからソルベント(油性)プリンタへ直接出力して製作されます。そのため、金・銀以外のフルカラーデータ、写真、画像、その他グラデーションなどほとんどの印刷物を製作することができます。

デメリットとしては、DICカラーガイドや指定されたコーポレートカラーなどを忠実に再現することはできません。ですので、入稿したデータのカラーを、DICなど細かな出力指定をされても承れません。あくまでも入稿されたデータをそのまま印刷しますので、出来上がりは「出た色」納品になります。

当店のマシンには、金・銀・ホワイトインクを搭載しておりませんので、ステッカーの場合、透明メディアは未対応です。どうしても金・銀を使用したい場合は、ヘアラインメディアを選択するか、超耐候性プリントステッカーで製作して下さい。