プリンタックステッカー

カッティングタイプでは表現出来ないデザイン・大ロットに向いてます

一般的に、文字だけが残るステッカーといえば、カッティングステッカーですが、これは作製できる大きさや細かさに限度があります。また多色もあまり得意とはいえず、大半のカッティングは単色仕様です。また数千〜数万枚といった大ロットもなかなか対応できません。

プリンタックは、シートをカットするのではなく、シルクスクリーン印刷法を用いて製作するステッカーのため、細かなデザインや多色仕様にも柔軟に対応できるほか、印刷という最大のメリットである量産にも向いています。反面、小ロット生産ではコスト高になりお薦めは出来ません。プリンタックステッカーは、サイズにもよりますが、最小ロットは数百枚単位からとなります。

見た目はカッティングステッカー、貼り付けもカッティングと同じです

必ず透明な糊フチが付きます

プリンタックは、特殊な透明糊により接着します。そのため、絵柄と糊面を完璧に一致させるのは至難なため、糊をほんの少しだけ広めに配しています。裏側から見ると糊があることが判りますが、貼り付けると、クリアな糊のためほとんど見えません(目立ちません)。

貼り付けると,直接印刷のように見えます

塗装された鉄板面へ貼ってみました。透明糊はよ〜く見ないと判りません。また、はじめから直接印刷されていたかのように見えるのが特徴です。主な用途は、ヘルメットなどのロゴマーク、クルマやバイクなどのメーカー・車種のロゴ、直接印刷が困難な製品面へのマーキングなど多岐にわたります。

製作料金については、随時見積になります

プリンタックは、非常に特殊な製作物のため、画一的な料金表の設定が出来ません。特に印刷に使用するインクカラーにより、白ウチやグレーウチなどのする必要があるなど、ケースバイケースが非常に多く、かつ、サイズと数量により単価が左右されるなど、簡単な計算では金額が出ません。そのため、随時見積になりますのでご了承ください。なお、お見積もりのご依頼につきましては、必ずイラレデータもしくはデザインの詳細を入稿してください。

価格例:サイズ15mm×120mm 単色仕様 5,000枚の場合 単価66円 小計 330、000円(税別) でした。

 

■データ作成について
完全データ入稿ではない場合は、当店でデータの作成および加工を行いますので、その場合は別途時間工賃が発生します。¥5,000/hとなりますのでご了承願います。
■仕上がりについて

ロットが大きい場合が大半ですので、本番製作の前に試作を行えます。料金は1試作につき15,000円になります。
■画像によるデータ入稿について
フルカラー印刷は出来ません。画像でなければ入稿できない場合は、黒い画像データが必要です。
■保管期間について 
製作から6ヶ月ほどで、透明糊が安定化します。そのため、6ヶ月以内に使用して頂く必要があります。長期間の作り置きは出来ませんので、製作数の管理にはご注意ください。