店長のよもやま話

カッティングステッカーの正しい貼り方

カッティングステッカーの貼り方指南を、YouTubeなどで見かけますが、いやぁ〜違いますよ〜ってなのをたくさん見かけます。
正しく、そして失敗せず貼れる手順をご説明いたします。

今回貼るのはこのステッカー。当店のガラスに貼ってみます。

1.まず初めに、写真のような固いけど柔らかいモノ(固く畳んだタオルでもOK)を使い、表面をよく擦ります。安定した平らな場所で行いましょう。

2.ステッカーを裏返します。

3.裏返したら、ゆっくりと台紙を剥がしていきます。この際、ステッカー本体を透明フィルム側に残すようにします。急いでやると、ステッカーが千切れることがありますので、丁寧に行ってください。

4.半分ちょっとまで台紙を剥がしたら止めて、剥がした台紙をそっと元に戻します。

5.今度は反対側から台紙を剥がしていきます

←のように、表側の透明フィルムから剥がしてはいけません!絶対にダメです!カッティングステッカーは、台紙とメディアの初期接着が強いため、透明フィルムから剥がすと、台紙からステッカーが剥がれず、千切れてしまう危険性があります。

裏返してから台紙を剥がすのは、ステッカーの破損を極力防ぎ、透明フィルムにステッカー本体を転移させるのが目的です。


このように、透明フィルム側にステッカー本体が転移されます。
ただし、実際には台紙は外さないでください。
あくまでも作業例として見せているだけです。

6.透明フィルムにステッカー本体が転移された状態まで出来上がりました。ここまで進むと、もうどんなに強く擦っても、ステッカー本体が台紙にくっ付くことはありません!

7.台紙の端部を2cmほど折り曲げます。台紙は完全に折り曲げきってください。

8.貼り位置を定めたら、台紙を折り曲げた部分を貼り付けます

9.折り曲げた台紙が浮きすぎていると、曲がってしまうことがあるのでご注意ください

10.ゆっくりと台紙を剥がします

11.3分の1から半分ほど台紙を剥がしたら、透明フィルムを強く押さえつけていきます。この際、ゴシゴシ擦らず、スーッと一回でスライドさせるように押さえてけます。一定の力で強く押されていくと、気泡が入りにくくなります。

12.全部押さえきったら、ゴシゴシと仕上げ押さえを行います。このとき上下左右均一に力を入れるようにします。

13.透明フィルムをゆっくりと剥がします。この際、フィルムは真上(自分側)に引くのではなく、なるべく水平(ガラスの場合はガラス面に沿って)に剥がします。透明フィルムを剥がしたら完成です。